【事案】  高速道路の路側帯で停車していたところ、大型車に追突された事故 【問題点】  最初にご相談を受けたのが事故から約5か月経過した時期。事故後から首の痛み及び難聴と耳鳴りに悩まされるも、首の痛みに対しては治療をされ […]

詳しく読む »

【事案】  青信号で、横断歩道を自転車で走行中、右折してきた車に跳ねられ、脳挫傷を負った事故 【問題点】  初回相談時、治療は継続されていたが高次脳機能障害についてはノーマークで6か月が経過していた。また、難聴、耳鳴り、 […]

詳しく読む »

【事案】  停車している車の横にいたところ、その車が急に発信し足を踏まれた為、膝をひねって転んだ事故。 【問題点】  事故当初通院していた病院で左ひざのMRI撮影をするも、半月板損傷は指摘されなかった。その後、ただの捻挫 […]

詳しく読む »

【事案】  信号のある交差点を自転車で横断中、左折してきた自動車にはねられた事故。 【問題点】  当事務所にご依頼いただく前に、事前認定で後遺障害申請し、非該当という結果が出ていた。 鎖骨は手術しており、手術した場合は、 […]

詳しく読む »

【事案】  信号待ち停車中後方より追突され、そのはずみで前の車に追突させられた、サンドイッチの真ん中に挟まれた事故。 【問題点】  椎間板ヘルニアにより、画像上明確に脊髄を圧迫していた。主治医からも、手術という選択肢もあ […]

詳しく読む »